ブラジリアンワックス脱毛の資格取得まで

腕や足などの見える部分の脱毛とは異なり、VIOラインやアンダーヘアーと言われる部位の脱毛をブラジリアンワックスといいます。

うなじ脱毛のようなレーザー脱毛とは異なり、ハサミ不使用で美容師資格などもいらないとあって、資格を取りたいと考えている人も増えている様です。

ブラジリアンワックス脱毛の施術をする資格を取得するにはスクールに通うことがお勧めですが、資格取得までにはどんな授業を受けて、どんな流れで進んで行くのでしょうか?スクールでの通常メニューは大体決まっています。

ブラジリアンワックス脱毛の資格を取得するために必要なのは、大きく分ければ、学科と実技になります。

自分でするためだけのセルフ向けの講習、サロンスタッフになるための講習、協会認定講師になるための講習を設けているところがほとんどで、セルフ用の講習は一日で完結、サロンスタッフになるための講習は二日程度、協会認定の講師になるための講習は四日程度とかなり短期間で修了できるのが特徴です。

まずブラジリアンワックスについての学科講習をし、セルフ練習を行います。

セルフ練習の後にモニター実習で人に施術する技術を学びます。

モニターに関してはスクールで準備してくれることがほとんどです。

セルフコースの人はここで講習は修了となります。

サロンスタッフを希望する人は、この後復習とわからないところや苦手なことの克服をして、再度モニター実習をし、質疑応答や注意事項を確認し、わからないところをなくし修了となります。

協会認定の講師になる場合は、更にモニター実習をして、わからないところを学習した後に協会認定の試験を受けます。

実技は免除になる場合もあり、その場合は学科試験のみになります。

合格したら、認定証をもらって講師資格を取得し、初めてサロンワークができます。

★お客様に恥をかかせない為に覚えておこう⇒海外で注目される日本人のヘア事情 – LAURIER (ローリエ)

経験を積めば独立開業も可能です。